MENU TOP小説一覧リンクリンク(モバイル)
パズキューレ オンラインゲーム
SM

飼育されたいマゾ女にバニーの格好をさせて


JK飼育
CG By JK飼育

 出会い系サイトでは、思わぬ拾いものをする時がある。
 俺の場合は「寂しい女」。
 こういう女達は依存性が強く、ちょっと共感してるそぶりを見せるだけでベッタリになる。

 今回知り合ったのは奴隷願望のあるマゾ娘で、監禁されて可愛がられたいという女だった。
 寂しがり屋でかまってもらいたいという思いの強い女だが、普通に付き合うには重すぎるのだろう。
 美人のわりには経験もほとんどないようだった。

 よく聞くと、オナネタにするのは監禁されて飼育されるというシチュエーションだという。
 もちろん、そんな願望をおいそれと誰かに言えるはずもなく、恋人とはうまく関係が築けなかったらしい。
 メールでのやりとりや数回のプレイを重ね、信頼関係が築けてきたところで、泊まりでの長期調教を提案した。もちろん即OK。
 連休を控えた週末には、身ぎれいにして家にやってきた。
 妄想の中で想像していた、監禁され、床に繋がれて、思い切り犯されるマゾペットのプレイを実現できるときいて、女は楽しみにしていたらしい。
「今日のこと、想像するだけで、濡れちゃって……」
 照れながら言う。
 表の顔は清純そのものといっただけに、溜まっている欲望が出たときの女ってやつはすごい。
 休暇中は現実から引き離され、思いっきり妄想通りに蹂躙される。いつもの週末だけの調教と違い、社会的な戒めから解き放たれた女は、底抜けに淫乱で従順なマゾ奴隷になった。
 女が思いっきり淫らになるのは、信頼関係がものを言うのだ。

 寂しがり屋のペット志願女にはウサギの格好をさせ、拡張をはじめたアナルにもシッポを摸したプラグを突っ込む。首輪をつけてやれば、かわいいマゾペットの出来上がりだ。
 縄で縛ると、すぐによろこんでベチャベチャに濡らした。
 バニー服をはいで美しい形をした乳房を露出させると、早くも乳首を勃起させている。
 散々に焦らし、オマンコに突っ込む。

「あぁああ……ご主人様ぁ……っ!」

 ぬるぬるになった蜜壷は、俺の肉棒をギュウギュウと締め付けてきた。

 まだ休暇は長い。この長期調教が終わったら、女は奴隷として一皮むけ、変わっているだろう。
 寂しいウサギは、飽きるまで飼ってやろうと思う。

NEXT >>
<< PREVIEW
ランキングで人気サイトを探す♪
エッチなサイトは→おたりんく
小説サイトは→カテゴリ別オンライン小説ランキング
Tags:,