MENU TOP小説一覧リンクリンク(モバイル)
パズキューレ オンラインゲーム
姫始め

尺八奉仕—Mな彼女と着物で姫始め[02]


 チエが一息つくと、今度はあぐらをかいたオレの股間に顔を引き寄せた。
 布越しに盛り上がったソレを見て、好色そうに彼女が目を細める。

「ぁあ……♥」

 愛おしげに布をまさぐると、すぐにビンビンに勃起したモノを取り出した。
 グロテスクに腫れ上がった肉棒を、宝物のように女の手が包み込む。

「はぁ……♥ すごい……♥」

 肉竿を指でなぞって確かめると、すぐに舌をそわせはじめた。
 ペロペロとアイスキャンディのようになめはじめる。

「んぁ……おいし……♥」

 玉袋まで愛おしげになでさすり、肉竿に奉仕する彼女。
 なめるだけでは足りなくなったのか、肉棒を大胆にくわえ込み、首を振りながらしゃぶり出す。

「んー……ジュルジュルっ ちゅぱぁあっ! あふっ♥」

口で吸いつつ、親指と人差し指でわっかをつくり、ペニスを扱く。

「ジュルッ! ジュパッ!……ん……おいしい……んんんっ はぁ……ちゅるぉ……っ!」

首を上下に振りながら、竿を吸うチエ。
慣れたもので、息継ぎの合間にもリング状の指で扱くことを忘れない。

「んぁ……♥ はぁ……♥ んんん……ちゅるぅ……っ♥」

 だが、彼女もすぐに我慢の限界になったらしく、うっとりとおねだりし始めた。

「はぁ……もうだめ……入れたい……」

 カワイイ顔をしてチンポを握りしめた彼女は、愛おしげに言う。

「ちゃんと言ってごらん」

 ちょっとだけイジワルに言うと。

「……私の、オマンコに……オチンチン、入れたいです……」

 彼女はおねだりした。

NEXT >>
<< PREVIEW
ランキングで人気サイトを探す♪
エッチなサイトは→おたりんく
小説サイトは→カテゴリ別オンライン小説ランキング