MENU TOP小説一覧リンクリンク(モバイル)
パズキューレ オンラインゲーム
触手の愛撫に感じ始めてしまう美少女エルフ

布越しの触手愛撫に感じはじめた幼い性|美少女エルフ、触手陵辱[10]


 

洞窟の奥で甘い声を上げ始めたエルフの少女。
もうわずかばかりの冒険者の面影もなく、ただ陵辱されるだけの、幼い娘にすぎない。

「うっ、んっ!」

ひとしきり腹や腰を撫で回していた触手は、最後の砦を落としにかかった。
邪魔になっているのは、もはや乳房を覆う小さな布だけだ。

「あ、あぁああっ」

リリィも、その変化に気がついた。
触手は乳房に狙いをさだめ、重点的に襲ってくる。

「だ、だめぇっ」

羞恥にほおを染め、リリィはぼぅっとした頭を振り払ってもがく。
すでに少女は文明人とはほど遠い、さんざんな状況ではあったが。
化け物とはいえ、乳房を素のままさらすのは嫌だった。

「だめっ! だめだったら!」

だが、そんな抵抗は最初から無意味だ。
触手は布越しに乳房の上を這い回り、形の良い小山の輪郭を確かめていく。
リリィのすべすべとした素肌と、まとわりつく布の違いを学んでいるようだ。

「あふぅっ!?」

暴れ回っていた(といっても、拘束が強すぎて自由に動けたとは言えないが)リリィが、今度は制止以外の声をあげはじめる。
触手のもぞもぞとした動きが、布越しにやわらかい刺激を与えてくるのだ。

「だめっ だめなのにぃ……!」

(なんで、なんでぇ……)

徐々にならされつつあるそのやわらかく、じれったい刺激に、リリィは熱を帯びた身体をみじろがせた。

 

[挿絵] 素材制作:サークルT.O.P.

NEXT >>
<< PREVIEW
ランキングで人気サイトを探す♪
エッチなサイトは→おたりんく
小説サイトは→カテゴリ別オンライン小説ランキング