MENU TOP小説一覧リンクリンク(モバイル)
パズキューレ オンラインゲーム
オークに犯され、快楽に悶えるダークエルフの少女

ダークエルフの少女、オークの化け物チンポでアクメ! ペット宣言|ダークエルフ、愛玩性奴隷調教[61]


 

淫らに花開く、黒い小さな身体。
その変化を見ているのか、オークはクツクツと笑った。

「クク…。ドウシタ? ン? コレが欲しカったんダロう?」

じゅぽっ! じゅぶぶぶぶっ! じゅぼぼっ!

「返事はドウシタ?」とバシンッ、とケツを叩かれると、少女は慌ててさえずりだす。

「きゃうぅううっ! は、はヒッ! コレがイイのっ! オチンポ良いんですっ! 入って、入ってるうぅうう!」

最初こそ悲痛な悲鳴を上げていたものの、大きさになれ始めたのか少女の肉壺はすっかりオスの飲み込み方を覚えたようだった。
絶え間なく蜜を溢れさせ、きゅうきゅうとオークの醜悪な陰茎をつかんで離さない。

「はぁああっ♥ 熱ひ……ッ! ッ! ハ……ッ すごくかたくてぇ……ッ、おっきひ! ちんぽ入ってるのぉお!」

乱暴とも思えるオークの腰使いをつかみ、少女も淫らに腰を揺らす。

「いいッ! こ、こんな……ッ! は……ぁッ ……気持ちひッ! オマンコ熱くて気持ちぃいいい!!!!」

想像していたものよりもずっと強い悦楽が、突き上げられる度に少女の脳内を揺さぶる。
凶悪な大きさの棒で広げられ、捻れたペニスがスクリューとなって蜜壺を抉る。
女を狂わせるためについているのかと思える絶妙なイボが、出し入れするたびに敏感な肉壁のポイントを容赦なく刺激してきた。

「ヒィイッ! あひ……んっ! アァアアああアッ! ひぐっ! ひぎぃいいっ!」

じゅぼぉおおっ! じゅぶぶっ! じゅぶぅうう!

強烈な抽挿が、少女の肉壁を熱く焼き上げる。
少女とは思えない情欲に身もだえる声が、水音に交じって響きわたった。

「クック……! ……オマエはオレ様のペットだ、ソウダナ?」

じゅぶぶっ! じゅぼぉおお!

「ひぃいいっ! そうですっ! わたしはオークのっ! ゲオルグ様のペットですぅ! あぁああっ! いいいっ!」

強烈な熱を持って、オークの肉竿が少女を貫く。
その熱に、少女は逆らえず、問われるまま答えた――だらしなくヨダレをたらし、飼い犬のように従順に。
それは、暴力による強制ではない――快楽に従順になった、メスの返事だった。

じゅぽっ! じゅぶぶっ! じゅぶぶぶぶぶっ! じゅぽぉおおおっ!

「あぅうあああっ! アヒィーーーーッ! あぁあああーーーー! オマンコ、オマンコ擦れちゃうぅうう! 気持ちいいとこ抉られちゃうのぉおおお!」

じゅぐっ! ぐちゅぐちゅちゅっ! ぐにゅんっ!

抽挿を繰り返す、巨悪な肉棒。
だが、少女の蕩けきった蜜壺は、蜜を溢れさせて悦びに震えている。

その秘肉も、もはや限界で。

「イグッ! イグイグッ! イッチャうぅ!」

少女が喘ぐ。

「お願イはドウシタ?」

そのまま絶頂を迎えることを許されるわけがなかった。
パシンッ、とオークに尻を叩かれ、促される。

「ヒッ! はひっ! い、イカセテぇ! イかせてくだしゃいっ! ご主人様のオチンポでイくの許してくだしゃいっ!」

これまでさんざん教えられたとおりに、少女は許しを請うた。

「ハハハッ! ヨシヨシ。イイゾ、イケッ!」

パンッ、とまた合図のように尻を叩かれ。

「イグッ! イグイグイグッ! いぐぅううぅ! アァアアアアアーーーーーーーーーー!!!!」

プシャッ! プシュウァウウウウアアアアッ!

全身の水を出しているのではと思うほどの、盛大な潮吹き。
これまでになかった絶頂が、少女の全身を駆け抜けていく。

手で、舌で嬲られ、イかされたときとはわけが違う。
オークに押さえられていなければ、壊れて倒れるほどにガクガクと華奢な身体が痙攣し、絶頂し続ける。

「クック! スゴイ締め付けダナ。アクメ決めて嬉しいカ」

「ハ……ぁ……ハァアアッ! あー……♥ あひっ♥」

声にならない嬌声。
惚けた顔で、少女は甘い吐息を漏らしている。

「ご主人様の質問に答えらレナイノカ、ミュゲット?」

放心する少女の頬を、ペチペチとオークは嬲る。

「ひぐっ! あはぁあああ♥ も、申し訳ございません、ごしゅじんさまぁ♥ オマンコアクメ、嬉しいですぅっ! き、きもちいっ、気持ちいいんれすっ♥ もぉ、バカになっちゃいますぅう……っ!」

懸命に答えると、オークはよくできた、と少女の頭を撫でた。

[挿絵] 素材制作:サークルT.O.P.
[挿絵] 素材制作:サークル汚素材屋

NEXT >>
<< PREVIEW
ランキングで人気サイトを探す♪
エッチなサイトは→おたりんく
小説サイトは→カテゴリ別オンライン小説ランキング