MENU TOP小説一覧リンクリンク(モバイル)
パズキューレ オンラインゲーム
オークに乳房を揉まれ、喘ぐ家畜女

オークに乳を揉まれ、貫かれて悶絶! 墜ちた家畜女と女騎士|ダークエルフ、愛玩性奴隷調教[46]


 

「今度はオレだ」

頭領の登場で、周囲のオーク達が引いた。
黒髪の重なるように倒れた赤毛の腰を掴み、四つん這いに抱え上げる。

「ッ♥♥♥ ……ゴクッ♥ ……あはぁ♥」

自分を堕とした頭領のことは覚えているのだろう。
尻を掴まれると、赤毛が嬉しそうに喉を鳴らす。

「ククッ。精液便所らしくいっぱい出してモラッタジャネーカ」

オークが双丘をわると、すでに何度も中に出され、愛液と精液でぐしょ濡れになった尻穴と蜜壷からごぼごぼと泡だった液体があふれ出した。
生臭い匂いが女を包み、まだ余韻が続くのがブルブルと小刻みに震えている。

「はひっ♥ オチンポミルク、いっぱいお恵みいただきましたぁ♥」

「フフッ」

女の腕を掴んで立たせると、豊満な乳がたぷんっと波打った。
それを、周囲によく見せるように、グニン、と撫で回す。

「あぁああっ♥ あはっ♥ んはーーっ♥」

ただ突き刺すだけの若いオーク達にはない愛撫に、悶える女。
つぶされるようにこねられ、揉まれ――さらには、敏感に尽きだした乳首まで弄ばれる。
揉みしだかれて跳ねる、たっぷりとした脂肪の塊。
その楽しいオモチャは、周囲のオーク達も魅了したようだ。

「ヒヒッ。イイナァ、いい乳ダ!」
「アノ弾力! たっぷり揉みまわしてヤリテェ!」

口々に褒めそやされることに、赤毛も興奮しているようだ。
もっと欲しいと、淫乱に喘ぐ。

「んんああああっ♥ おっぱいっ♥ んひゅっ♥ 家畜の下品な乳っ♥ もっと遊んでくださりませっ♥」

「コノオッパイから乳がビュウビュウ出るくらい孕ミタインダロ?」

「ハヒッ♥ 精液いっぱいいただいて、雌牛家畜になりたいんでしゅっ♥ あはぁああーーーっ♥」

自身の調教具合に満足したのか、オークが女を抱き上げた。
脚をM字型に折り曲げさせ、子どもに小便をさせるような格好に抱え直す。
と、赤毛のほうも慣れたもので、すぐさま腕を伸ばして頭領にしがみつく。
それを、頭領は――他のオーク達にも見えるようにして、媚肉を一気に貫いた。

「あひぃいいーーーーーーーーぃんっ♥ きたぁあああああああっ♥」

ズブッ! グニュウウウウッ! ヌチュッ! ニュッチャアアアアアッ!

オークのデカマラに下から刺し貫かれ、赤毛の騎士が喘ぐ。
弓なりになった身体を揺り動かされる度に、豊満な乳房がぶるっ、ぶるんっと震えた。

「オホッ! 乳がブルンブルン揺れてやがるっ!」
「アンナに悶エチマッテっ! タマンネェ!」

四つん這いで犯され、周囲を巨大なオーク達に囲まれていたときは見えにくかった女の肢体。
それだけに、まだ女を犯せていなかった観客の表情は嬉しげだ。
己の欲望を第一にする若いオーク達と違って、頭領はエンターテイナーの交尾だった――それを、周囲が気がついているかどうかは、わからないが。

「ハヒッ♥ イヒィイイイッ♥ も、もうイッチャいそうっ♥ お頭様に躾けられたオマンコぉおお♥」

だが、頭領がどのような思惑で赤毛を犯しているかは、赤毛や――生け贄となった黒髪には関係がないことだ。
目の前で繰り広げられるキチガイじみた行為に、女騎士は怒りの表情を隠せない。
唇をきゅっと噛み、ともすればつかみかかろうとする顔だ。

(……)

ただ、ダークエルフの少女にはわかっていた。

(……きっと……ご主人様も、わかってる……)

黒髪の騎士は怒りを抑えようとしているのではないのだ、と。
オークのペニスが欲しくてたまならくなっているのだ、と。

「……う、うっ」

キチガイじみたお願いをするのを、女騎士は鉄の意志でなんとか踏みとどまっている。
こんなに強い意志をもつ女性がいるのかと、ダークエルフの少女は感心して見つめた。

だが、その身体はすでに催淫の毒に犯されている。
下半身からはあふれ出た蜜が床にシミをつくり、身体は禁断症状のように小刻みに震えていた。

「ハァアアアッ! イクゥ! イきますぅうう!」

わざわざ黒髪の目の前で突かれているというのに、赤毛は大声で叫びまくる。
縛られて逃げ場のない黒髪は、目の前でおこっている破廉恥な行為をただ黙って耐えるしか無い。

 

[挿絵] 素材制作:サークルT.O.P.
[挿絵] 素材制作:サークル汚素材屋

NEXT >>
<< PREVIEW
ランキングで人気サイトを探す♪
エッチなサイトは→おたりんく
小説サイトは→カテゴリ別オンライン小説ランキング