MENU TOP小説一覧リンクリンク(モバイル)
パズキューレ オンラインゲーム
オークにクンニされ、快感によがるダークエルフの愛玩少女

オークにクンニされ、感じてイッてしまう少女! ペット快楽調教|ダークエルフ、愛玩性奴隷調教[23]


 

「……ひゃっ!」

ひとしきり口を弄ばれると、シーツの上に押し倒された。
ともすれば押しつぶされそうな格好なのに、殺されるような恐怖はない。
身体がほわほわ、とあたたかくなっていく。
恥ずかしがる心とは裏腹に、身体はもっと可愛がって欲しいと、行為を期待しているようだった。

「……アンヨ、開コウナ」
「……は、ぃ……」

とくに逆らう気も起こらず、言われるがままオークの前で脚を開く。

「あ……ご、ごしゅじ……ひゃうっ!」

脚を開くと、オークの舌が早々に少女の花園を探り始めた。
すでに濡れた股間を舌でなぞり、媚肉の秘裂を押し割っていく。

「ふぁっ! あふ、ぅうああっ!」

ちゅるる、と蜜を味わう音。
敏感な肉芽を舌先で嬲られ、さらに身体に電流が走る。

「……クク。コッチもコリコリだ。こんな子どもミテェな身体してよ、淫らな華ダ」

ちゅるるっ! ちゅるっ! ちゅぱぁ……っ!
肉芽を吸われ、転がされる度に、ビクビクと少女の身体が跳ねる。

「……あ、はぁんっ! う、ふぁ……っ!」

たまに試すように媚肉の扉をオークの舌がなぞるたび、物欲しそうにクパクパとうねった。

(……き、きもち、いい……?)

久しくなかった快楽の波が、少女の中で渦巻き始めていた。

「……あぁあっ! あっ、あはぁあっ!」

電流はずっと甘い刺激ばかりを伝えてくる。
身体の熱が一気に上昇し、きゅうっ、と子宮が震えた。

(わたし……そ、そんな……イ、イキそう、なの……?)

今まで犯されている時には感じなかった、快感。
それが、オークの手によってこうも簡単に与えられていることに、少女は驚いている。

「フフ。イクときはちゃんとご主人様に言うんだ、ワカルナ?」

そんな少女の変化を見て取ったのか。
オークはとんでもなく恥ずかしい命令をしてきた。

「……は、はひ……っ! ごしゅじんさまっ!」

飼われている少女が逆らえるはずもない。
返事を確認するや、オークのさらなる責めが始まった。
乳房を指先で弄られ、敏感な秘肉の割れ目を舌で嬲られ――

「……あっ、らめ、ごしゅじ、んさまっ! イッちゃう! あぁああっ!」

じゅるるっ! と弱い肉芽を吸い上げられる。
強烈な快感が少女の背中をビリビリと走った。
身体が電流の熱で膨れあがり、もうせき止められない。

「い、い……、イク……ゥ……ッ!」

ビクンッ! と身体を走る、一際大きな電流の波。
その劇的で、甘美な刺激に、少女は蕩けそうになる。

「……はっ! あ、あふぅ……!」

ぴくん、ぴくん、と震える小さな黒い肉体。
それを、巨大な化け物の手が優しく撫でる。
きゅうきゅうと肉壺が収縮し、少女の肉芽もブルブルと震えた。

「ヨシヨシ。よくできたぞ、ミュゲット」

優しく頭を撫でられ、少女は戸惑った。

「は、はい……」

ピクピクと身体を反応させながら、少女は言う。
オークはイヌの芸みたいに思っているのかもしれないが、恥ずかしいことには変わりない。

「イかせてもらったら、ご主人様にお礼を言ウンダ」

躾のように言われれば、拒否できるわけもない。

「は、はぃ……ごしゅじんさまぁ……イかせていただき、ありがとうございましたぁ……」

少女が素直に返すと、主人は満足したようだ。

「チャントご主人様の前でイけたな。お前はカワイイやつだ、ミュゲット」

オークにイッたことを褒められ、少女はカァッと顔が熱くなるのを感じる。
オークの愛撫でイッてしまったのはその通りだが、淫らな身体を褒められたとて、恥ずかしいだけだ。

「ククク……湯浴ミシタラ、チャンと食って寝ロ」

その夜は奉仕させられることもなく、イヌ用の寝床に戻された。

(……な、なんで……?)

疑問がぐるぐると少女の中をうずまく。
村娘のように犯されるでもなく、優しく快楽を与えられてしまった。

(……なんで、犯さないの……?)

そのうちあの村娘のように犯され、狂ってしまえると思っていたのに――
オークに優しく愛撫され、快楽を教え込まれるとは、思ってもみなかった。
そのうえ――

(カワイイ、って……)

普段虐げられていたケガレの身で、褒められるとは思ってもみなかった。
化け物に言われたというのに、不思議と嫌悪感はない。
むずがゆさのほうが先立ち、困惑してしまう。

(……それに……また、名前……呼んでくれた)

奴隷のときには、誰も呼ばなかった少女の名前。
少女にとっては大嫌いな名前だったけれど、ほんの少し、嬉しくなってしまう。

(……変なの……)

これまで乱暴な陵辱を受けていたときは途絶えていた感覚が、少女の中でよみがえりつつあった。
凍り付いて消えていた快感の波。
黒い身体に秘められた淫蕩な血が、少女の中で燃え上がり始めていたことを、本人はまるで知らなかった。

 

[挿絵] 素材制作:サークルT.O.P.
[挿絵] 素材制作:サークル汚素材屋

NEXT >>
<< PREVIEW
ランキングで人気サイトを探す♪
エッチなサイトは→おたりんく
小説サイトは→カテゴリ別オンライン小説ランキング