MENU TOP小説一覧リンクリンク(モバイル)
パズキューレ オンラインゲーム
オークに陵辱され、快楽墜ちする村娘

オークの精液で、快楽墜ちする純朴な村娘! メスブタ家畜宣言|ダークエルフ、愛玩性奴隷調教[20]


 

「……ひぃ、ん……ッ」

だが、一回出されただけで終わりになるほど、オークの陵辱は甘くはない。
もう一匹が、村娘のケツ肉を掴んだ。
すでにギンギンに勃起している肉棒を、精液で濡れた痴肉に押し当てる。

「も、もうやめ……ひぃんっ!?」

立ち上がり、懸命に抗おうとする村娘はあっさり押さえつけられ――

――じゅぷんっ!

否定する村娘の心中とはよそに、蜜壺はあっさりとオークの肉茎を受け入れた。
精液とは違うぬめりが、オークのペニスを奥へと導く。

「は、はひっ!? ひ、ひぅ……っ!?」

先ほどの苦痛に満ちた感覚とはあきらかに違う――肉の内側から起こる、甘く蕩けるような感覚。
オークという化け物相手にはありえない――あってはならない感覚に、村娘は戸惑いの声を上げた。

「ハハハッ! ホラ、コウダロ!」

「ひぃいいいっ!? あ、あぐぅううううっ!?」

じゅぶぷぷぷぷっ! じゅぐっ! ジュニュゥウウウウッ! ジュプッ! ジュニュニュッ!

二番手のオークが突き上げただけで、村娘の口からは悦びの声が上がった。
ぽたぽたと愛液がしたたり、早くも大洪水となった村娘の蜜壺を、さらに責めるべくオークの肉棒が突き上げる。

ヌッチュウウウッ! ジュボォッ! ジュプププッ! ジュニュッ!

「はヒンッ!? あ、あヒィッ!」

そこに居るのは、先ほどまで処女だった村娘ではない。
新たな主人を迎え入れて破廉恥極まりない飛沫を上げ、嬌声を漏らすメスだった。

「オラ家畜! オレ様に突かれてドウダッ!? アンッ? 言いヤガレッ!」

バチンッ、と村娘のケツがひっぱたかれ、あっという間に赤くなって腫れ上がる。

「ヒィイイッ! き、気持ちいぃいいっ! なんれ、あぁぁああっ! いいいっっ!」

ジュブブブブッ! ジュチュチュツ!

若い娘が上げているとは思えない、快楽に濡れた声。
股間から濡れた音を響かせ、オークに促されるまま、気持ちいい、気持ちいいと娘が絶叫している。

「雌豚のオマンコ抉られて気持ちいいンダローが! オラッ! オークに犯サレテ気持ちイイカッ!?」

ジュブグジュジュッ! ズギュンッ! ズグッ! ズニュニュニュッ!

「はひぃいいいっ! いいい、言いますぅううう! あぎゃっ! め、メスブタオマンコ、気持ちいぃひぃいい! オークのオチンチンで抉られてるぅうう! アハッ! イィイッ!」

はしたないセリフを口にする娘のケツを、オークはパシンッ、と叩き――

「アン? 様をツケロ、ナンナラ止めるか、エッ?」

腰を振っていたオークがその動きを止めると。

「や、やめちゃイヤぁああっ! オマンコ止めちゃっ! も、もっとぉッ! オチンチンもっとぉおおおっ!」

村娘は浅ましいおねだりを繰り返し、自ら腰を振り始めた。
動かないオークの股間に尻を前後させて打ち付け、嬌声を上げている。
じゅぶぶ、ジュブ、と蜜壺から汁が飛び散り、抽挿が激しくなった。

「家畜はオーク様のザーメン出サレテ、孕ミタイダロ?」

「か、家畜れしゅっ! オーク様の家畜でしゅぅう! いいいぃっ! 気持ちいいぃ! アぐっ! おおおぉお、犯してっ! メスブタオマンコずこずこ突いてイかせてぇええっ!」

先ほどまで処女だったとは思えない、はしたないオネダリ。
それに、周囲の若いオーク達が笑い声を上げる。

「ハハハッ! じゃあ動イテヤルヨ! オラッ!」

家畜化が進んだことを確かめると、若いオークはまた抽挿を開始した。
その力強い打ち付けに、娘は一際大きな声を上げる。

「アッ! アヒィイイイイィイイインッ! イイイィイッ!」

情欲に濡れたメスの声が、広間いっぱいに響き渡る。

「チンポ気持ちイイカ? エッ?」

ズブブゥウウウウウゥ! ニュチャッ! ヌプププッ! ジュッニュゥウウウウッ! クチュウ!

「きもひっ、気持ちイィイイッ! こ、こんなの、はじめへっ! アヒィイイイツ!」

グポッ! ジュブゥウウッ! ズポポッ! グシュッウウッ!

「ハァアアアアアアッ! きちゃううううっ! なにかきちゃうぅよおおぉおおっ!」

村娘の絶頂も近かった。
破瓜の血がまだしたたる娘は、オークの毒に犯され、体中を快楽器官へと塗り替えられていっているのだ。

「スげぇ締マリダ! オラッ! アクメ決メチマエッ! メスブタらしく、イくとこ見セテミロ!」

ズクズクッ、と突き上げ、オークはさらに村娘のケツをバシンバシンと叩く。
その痛みすら、村娘は快感を覚えるようだ。

「イクって宣言するんだ、家畜! お前はオーク専用のメスブタマンコだってな!」

周囲のオーク達に誇示しようと、若者オークが村娘をいたぶる。
己の子どもを孕ませられる家畜をきちんと調教できて、オークはようやく一人前になれるのだ。

「あがががっ! イグッ! アァアアッ! イグゥウウ! メスブタオマンコイッちゃうううぅ!」

オークの思惑はともかく、村娘にとっては快楽だけが優先事項となっていた。
絶頂を求めるべく、卑猥な言葉で叫び続ける。

「アァアアッ! イグッ! イグッ! イグッ! アァギィイイイイイィーーーーーーッ!」

ぶしゃぁあああああっ!

盛大な潮吹き。ビチャビチャと卑猥な液体が床に飛び散って水たまりを作った。

「アヒッ♥ あはぁ……♥ イヒヒッ♥」

ついさっきまで処女だった娘とはとうてい思えないだろう。
純朴そうだった村娘は、今や化け物に犯されて潮をふいて絶頂し、蕩けた顔をさらしている。

「うふふっ♥ アィッ! ……あはぁあああ♥」

完全にオークの家畜に墜ちた村娘を、さらに複数のオークが取り囲んだ。
一、二度の陵辱で終わるほど、オークは甘くはない。

「あひぃいん…… オチンポぉ♥ オチンチン、くだはいまへぇ……♥」

家畜を殺さない「手加減」を教えるための教育だ。
村娘が倒れるまで、陵辱は続くだろう。
それは、快楽に目覚めた娘にとって幸せだったのか、不幸だったのかは、わからないが……。

「……」

そんな数時間にも及ぶ陵辱劇を、ダークエルフの少女は黙って見ていた。

 

[挿絵] 素材制作:サークルT.O.P.
[挿絵] 素材制作:サークル汚素材屋

NEXT >>
<< PREVIEW
ランキングで人気サイトを探す♪
エッチなサイトは→おたりんく
小説サイトは→カテゴリ別オンライン小説ランキング