MENU TOP小説一覧リンクリンク(モバイル)
パズキューレ オンラインゲーム
ブルマ娘

股縄|ブルマ娘、縄跳び緊縛陵辱[03]


/ 股縄

 だが、感じているくせに女は脚を閉じて必死に抵抗しようとしている。

「そんなに脚閉じたいならそうしてやるよ」

 体育倉庫には縄跳びは腐るほどあるので、縛るのには事欠かない。
 女の股に縄をかけると、ブルマごと股間の縄を引き絞る。

「く……ぅ……んっ!」

 クレバスにあてがわれた縄が、女性器の形に食い込んだ。
 これでは、股を閉じようと関係ない。
 ブルマ越しでも、締め付ける縄の圧力は苦しいのか、女が呻く。

「やめて……痛い……きつい……よぉ……」

 イヤイヤをしながら頭を振るも、オモチャで縛られているというシチュエーションに興奮しているのだろう。
 頬は赤く上気し、ハァハァという吐息も、苦しいというより甘い快感によるもの。

「ブルマ濡らして喘いでるやつが、何言ってるんだ」

 股縄が食い込んで感じるのか、女が身じろぎする。

「んぁ……っ!? はひ……っ!」

 縄を前後にひっぱってやると、股間を擦る刺激に少女が喘ぎ出した。

「はぁあ……っ! ……ん、だめぇっ!」

 よく濡れた股のスリットにちょうど縄が食い込み、クリトリスに当たるのだろう。
 少女が身をよじる。

「あぁああ……っ!」

「縄跳びで股擦られて気持ちいいのか?」

「ち、ちがい、ます……」

 イヤイヤと女が頭をふる。

「オマンコ縄跳びで擦られて、興奮してるんだろう?」

「いやぁ……やめて……ッ!」

「どこがイヤなんだ? 縄で興奮するヘンタイだろーがッ!」

「やめて……言わないでぇ……ッ!」

 被虐的な言葉に酔っている少女は、さらにブルマを濡らす。
 女は子どものオモチャである縄跳びで縛られ、叩かれ、さらに股間を擦られて感じてしまっているのだ。

「ぁ……」

 体操着はすでに汗ばみ、ツンと若いメスの匂いが漂っている。

「じゃぁ、これはどうだ……?」

 股縄と取り去ると、露わになったブルマの丘を、布越しに縄跳びのグリップで擦る。

「ふぁ……っ! ぁああ……っ!」

 ブルマ越しに擦られて感じているのか、漏らしたように徐々に布が濡れだした。

「やぁ……っ! だめ、だめぇ……っ!」

 イヤイヤと頭を振るが、布越しでも感じているのはわかりきっている。

NEXT >>
<< PREVIEW
ランキングで人気サイトを探す♪
エッチなサイトは→おたりんく
小説サイトは→カテゴリ別オンライン小説ランキング